読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あや王の公務

これは、あや王のせいちょうにっき。

本日の王

 

 

 

 

 

ごきげんよう

 

 

 

 

本日は、とても

悲しい出来事があったんだ。

 

 

 

正直、公務なんてどうでもいい。

わたしは悲しい。

 

 

 

 

先日、報告した

社会体験である就職活動で起きた出来事である。

 

 

 

 

面接官「我々を笑わせるつもりで、

                                           自己紹介お願いします」

 

 

王「空前絶後の!超絶怒涛の就活生!

       和菓子を愛し、和菓子に愛された女ァ!

       例えこの身が朽ち果てようと、

       御社のために情熱を燃やし、

       燃えた情熱は星になり、

       消費者全てを笑顔にさせる。

       おまたせ!そう!わたしは、あや王!

       本日はどうぞ宜しくお願い致します。」

 

 

面接官「.....HAHAHAHA」

 

 

 

 

 

という出来事があったんだ。

 

とても悲しかった。

立ち上がり、机の前でやったんだ。

 

 

 

でも笑ってもらえなかった。

 

 

王はとても、とても、悲しい。

 

 

 

 

 

 帰りの電車で、このチョコを食べ続けた。

 ストレスに打ち勝とう。

f:id:ayaou0128:20170428172254j:image

 

 

 

 

 

王の就職活動は、まだまだ、続く。